[[こんなときどうするの?…分電盤のトラブル]]

みなさん、こんにちは。

今日は、分電盤のトラブルについてです。

国民生活センターによると、1994年以前に設置された古いタイプの単相3線式の分電盤を使用している場合に、まれに電線の断線やネジの緩みによる「中性線欠相」がおき、電気製品が壊れてしまうことがあるとか。

トラブルを防ぐため、

・電気設備の定期点検の際には屋外だけではなく屋内設備まで点検を受けること

・点検時の指摘事項はそのままにせず修理などの対応を行うこと

・中性線欠相保護機能付きの漏電遮断器に交換すること

が推奨されています。

気になる方は、施工業者か専門業者に相談しましょう。

それでは来週をお楽しみに♪

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog