「 雨水の流れ 」

民法には、新築の際の禁止事項がいくつも記されています。

  その一つが『雨水を隣地に注ぐ工作物の設置の禁止』です。

『土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根

その他の工作物を設けてはならない。(民法218条)』

とあります。

隣家から流れ込む雨水が原因でご近所トラブルになる事例は

少なくありません。

ということで、今日は敷地内の雨水管理についてお話しします。

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 雨水の流れ 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■工作物は住宅だけではありません

雨が上から下に流れるのは当たり前のことです。

そのため、民法214条にも

『土地の所有者は、隣地から水が自然に流れて来るのを妨げてはならない』

とあります。

しかし、隣地の『工作物』が自宅に雨水を流すのは

『自然』なことではありません。

『土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根

その他の工作物を設けてはならない』の中の『工作物』には

住宅だけでなく、カーポートや物置なども含まれます。

もしみなさんが境界線近くにカーポートや物置を設置するなら、

隣地に雨水を流さないよう、位置や屋根の角度など配慮しましょう。

■排水計画

敷地の雨水を効率良く排出するための方法の一つとして

雨水桝を設けているお宅は多いものです。

ちなみに、雨水桝には

一旦集めた雨水を地面に浸透させて処理する『浸透式』と、

管でつないで下水管に排出する『非浸透式』があります。

新築後、DIYで駐車スペースを作った施主の事例を紹介します。

庭より数センチ高いコンクリートで仕上げたことや

ガーデニングのために庭の一部の高低を変えたことが原因で

雨水枡に計画通りに雨水が集まらず、

雨が降るたびに庭が池のようになりました。

排水計画の重要性を知っていれば、

きっと避けられたトラブルでしょう。

みなさんの自宅を守るためにも、

近隣トラブルの原因を作らないためにも、排水計画は大切ですね。

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

■隣家の木

雨水と同じように近隣トラブルの原因になりがちなのが

隣家の木。

話し合って解決するのが理想だと言われていますが、

関係の悪化を恐れて

苦情を伝えることすらできないこともあります。

この時期、隣家の落ち葉に悩まされている方は

どれくらいいるのでしょう。

隣家に迷惑を掛けないよう、

みなさん、お互いに気を付けたいですね。

それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog