【 照明は居心地の良さを左右します 】

こんにちは、皆さん。

精肉売り場であなたを魅了した鮮やかな色のお肉。

なのに、清算を終えて袋詰めしている時、

「あれ?さっきと色が違う?」

と不思議に思ったことはありませんか?

生鮮食品売り場の照明は、

肉や野菜をより美しく見せるために波長を調整しています。

昔は照明にフィルターを付けていたので一目瞭然でしたが、

今はフィルター無しでも食品の色を引き立てることができます。

知らないまま買い物をしている人は、

少し損をした気分になるかもしれませんね。^^;

ところで皆さん、照明の色の違いを意識したことはありますか?

照明の種類には「昼光色」「昼白色」「白色」

「温白色」「電球色」といったものがあります。

少し青が混じった白色の「昼光色」は、昼間のような明るさをもたらします。

光が強さが脳を活性化させるので、勉強や仕事をする部屋に最適ですが、

寝室などのリラックスしたい部屋には不向きです。

昼光色をメインの照明にして部屋全体を明るくすると、

その光の強さがストレスを与えることがあります。

また、最も明るい色とはいえ、

部屋の隅で本やパソコンを見るには明るさが足りません。

それが視力に影響を与える可能性もあります。

全体照明をほかの色にし、

目を使う場所に間接照明として昼光色を取り入れるなど、

部屋の使い方によって照明の併用も検討しましょう。

「昼白色」は、太陽光に近い自然な色合いの光です。

昼光色より明るさを抑え、優しい空間を演出したい時に適しています。

昼光色より明るさを抑え、癒し効果を期待するなら「電球色」。

ほかの照明より赤みがあり、

その温かな雰囲気がリラックス効果をもたらします。

寝室やダイニングなど、穏やかな時間を過ごしたい場所に最適です。

部屋の隅々まで明るく照らすのも良いのですが、

あえて明暗のある空間にすることで

より居心地が良いと感じることもあります。

とはいえ、自宅で照明の違いを体験するのは難しいですよね。

そんな時は、喫茶店や美術館など、お気に入りの場所の照明を始め、

友人宅や実家の照明など、さまざまな空間の照明を観察してみましょう。

光の強さ、色合い、照明の位置、その空間の利用目的など、

観察すればするほど面白いですよ。^^

では、また。

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog