「 引っ越しの計画はお早めに 」

子どもの入学や進学をきっかけに新築する人の場合、

  春休み中に引っ越しができるよう逆算して

  新築計画を立てることがあります。

  とはいえ、3~4月といえば最も引っ越しが集中する時期。

  しかも今年は、人手不足や労働時間削減等のため、

  業者が受ける引越し件数自体が少なくなり、

  引っ越し難民が大きな問題になっています。

  そこで今日は、引っ越しについてお伝えします。

  ■3か月ほど前からOK

  引っ越し料金は、複数の業者に見積もりを依頼するのが一般的です。

  インターネットを使えば、必要事項を入力するだけで

  複数の業者の一括見積ができます。

  一括見積サービスは、予定日の3か月ほど前から利用できます。

  その中から数社に絞り、電話や訪問で詳細を確認します。

  もちろん、料金に関わらず皆さんの意中の業者に依頼するなら、

  この手順は省いて構いません。

  ■繁忙期=割高

  複数の調査によると、

  住民の移動が多い(=引っ越しが多い)のは3~4月です。

  夏休み(7~8月)など、

  家族単位で引っ越しやすい時期も高くなる傾向があります。

  繁忙期の業者は、顧客獲得のために他社と争う必要がありません。

  割引サービスなどのお得感をアピールしなくても依頼が増えます。

  トラックや人手が足りない場合、

  外部にお金を払って調達しなければなりません。

  そんな理由などもあり、通常期に比べると

  繁忙期の料金は割高になります。

  ■料金を抑えるには

  料金を抑えたいなら、閑散期や通常期の平日が狙い目です。

  午前より午後の方が割安になることもあります。

  新居に合わせて新しい家具を揃えるなら、

  引っ越し業者に古い家具の処分を依頼すれば手間は省けます。

  しかし、その分料金は加算されます。

  そこで、業者に処分費の見積もりを貰ったら、まずは

  自治体や不用品回収業者の処分費と比較してみましょう。

  売却できるものは処分せず、

  リサイクルショップに持ち込むのもいい方法です。

  ■引き渡しの遅延

  引っ越しを予約する際、最も怖いのが『引き渡しの遅延』です。

  新居の引き渡し日は契約書に明記されているものの、

  引き渡しが遅れる可能性はゼロではありません。

  不測の事態に備えるため、計画通りに工事が進んでいるか、

  施工業者への定期的な確認を行いましょう。

  これは、引っ越しだけでなく、

  賃貸住宅の退去日等にも影響する大切なことです。

  ■作業計画書があると安心です

  引っ越しで大変なのが、電気、水道、郵便、新聞など、

  各所への連絡です。

  インターネットは工事日の調整もあるので、

  引っ越し当日からネット環境を利用したいなら

  できるだけ早めに依頼しましょう。

  そういえば、子供の転校手続きを行う場合、

  3月31日と4月1日では必要書類が異なるとか。

  自治体に転居届を出す日や転校先に書類を届ける日の計画等々、

  予備日を含めた計画を立てておくと安心ですね。

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

  ■引っ越し? 引越し? 引越?

  「ひっこし」=「引っ越し」だと思っていたスタッフは、

  「引越し」も正しいと知った時は驚いたとか。

  知人や家族にも尋ねたところ、「引越し」派も

  「引っ越し」派も同じ位いたのでホッとしたそうです。

  ちなみに、インターネット上には

  ・正しい書き方は「引っ越し」

  ・文書などで一般的に使われるのが「引越し」

  ・業者が使うのが「引越」

  とありました。

  皆さんは、どの「ひっこし」を使っていますか?^^

  それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog