「建築条件付き土地のフリープランは、本当に『フリー』?」

プレゼンテーション1■建築条件付き土地とは

  建築条件付き土地とは、

  ・土地の売主が指定する建築業者で新築すること

  ・土地の購入後、一定期間内に建築請負契約を締結すること

  を、売買の条件としている土地のことです。

  ちなみに、「一定期間」の目安は2~3か月程度です。

  その期間内に建築請負契約を締結できなかった場合、

  土地の売買契約は解除されます。

  その際、業者は、土地購入者から受領したお金を

  すべて返還しなければなりません。

  ■トラブルの事例

  ・「建築請負契約を締結するまでの期限」の説明が無いまま

   土地の売買契約をした。

  ・土地の売買契約の際、「期間内に建築請負契約を締結できない場合、

   土地の契約を白紙撤回できる」という規定が無かった。

  ・「建築条件付き」だと知らされたのは土地売買契約後だった。

   契約の解除を告げると違約金を請求された。

  ■フリープランのはずが…

  フリープランだから契約したのに、契約後に

  ・すでにモデルプランが用意されており、変更できる要素が少ない

  ・変更を希望すると追加料金がかさむ
  
  と知り、後悔した方も少なくありません。

  仮に、フリープランが可能だとしても

  細部まで打ち合わせを重ね、

  納得してから契約したい方にとって、

  2~3か月という期間は十分なものでしょうか。

  建築条件付きの土地は、それ以外の土地より

  お得な価格に設定されている場合が多いものです。

  それは、土地売買による利益が少なくても

  建物の施工で利益を得ることができるからです。

  もし、皆さんの意中の業者が

  建築条件付き土地での施工を手掛けており、

  その土地を気に入っているのなら良いのですが、

  そうでなければ要注意です。

  その土地がどんなに気に入っても、まずは

  ・建築条件付き土地か否か

  ・条件付きの場合、指定業者はどんな家づくりをしているのか

  ・打ち合わせに使える時間はどれくらいか

  ・もし建築請負契約を締結できない場合、無条件で解約できるか

  などは入念に調べましょう。

   ■見極める力を

  公正取引委員会などの調査を見ると、

  すでに契約済みの物件の広告を載せ続けたり、

  周辺の物件より著しく安い金額を表示した

  「おとり広告」は、毎年のように摘発されています。

  また、一見お得に見えることを大きな文字でアピールし、

  重要なことは極端に小さな文字にする広告もあります。

  思わぬトラブルに巻き込まれないために、

  情報を見極める力を磨きたいですね。

  それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog