[こんなときどうするの?…想定外を想定する]

プレゼンテーション1

皆さん、こんにちは。

今日のテーマは「想定外を想定する」です。

「リフォーム工事で床や壁を剥がしたら、蟻害や腐食で柱や土台がボロボロ。補修のため、想定外の追加費用が発生した」

という事例は多いものです。

複数のアンケート調査をチェックしたところ、そんな経験をした方は20~80%という結果が出ていました。

これはもう、「想定外」と捉えて良い数字ではありませんね。

皆さん、追加工事が発生すれば工期も費用も増えます。

築年数が長い場合、その可能性はより高くなると考えた方が良いでしょう。

「想定外」を想定し、余裕を持った資金計画を立てておくと安心ですね。

次回をお楽しみに...(^^♪

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog