【 今朝の寝室の気温は何度でしたか? 】

こんにちは、皆さん。

突然ですが、皆さんの平熱はどれくらいですか?

成人の正常値は36~37度ですが、

最近は低体温(35度台)の方が増えているそうです。

その原因として

・運動不足による筋肉量の低下

・湯船に浸からない・浸かる時間が短い

・過度のストレス

・過度の冷房

・身体を冷やす食べ物や水分の摂取

などが挙げられています。

皆さん、体温が上がると免疫力は高くなり、

体温が下がると免疫力も低くなると言われています。

今は正常値でも、低体温予防のため

上記には気を付けたいですね。

ところであなたは、

気温の低い部屋で過ごすことのリスクをご存知ですか?

以前放送された「ためしてガッテン」によると、

「室温10度以下の寝室で就寝すると、

 身体は布団で十分に温まっても、

 呼吸により内臓が冷たい空気で冷やされ続けるため、

 体温が35度台になることがある。

 それが原因で突然死することもある」

とのことでした。

突然死まで行かなくても、低体温になれば基礎代謝も低下します。

免疫力低下のため、体調を崩しやすくなります。

健康に暮らせる住環境とはいえませんね。

さて、ここでウェザーニュースの調査結果を紹介しましょう。

2014年1月23~24日の寝室の気温を

都道府県別に比較したものです。

■就寝時の室温(全国平均16.2℃)

1位:佐賀県(13.1℃)

2位:香川県(13.2℃)

3位:大分県(13.4℃)

4位:鳥取県(14.0℃)

5位:茨城県(14.3℃)

■起床時の室温(全国平均12.4℃)

1位:長野県(8.8℃)

2位:大分県(9.0℃)

3位:宮崎県(9.4℃)

4位:佐賀県(9.7℃)

5位:滋賀県(9.9℃)

暖房したまま就寝すると、乾燥や火災の恐れがあります。

節電の面から考えても避けたいことです。

暖房をせずに一定の気温を保ち、安全な環境で就寝するには、

断熱性を高めて気温低下を防ぐのが最善の方法と言えるでしょう。

皆さん、今日の寝室の気温はどれくらいでしたか?

寒暖差が激しいゴールデンウィークでしたが、毎日ぐっすり眠れましたか?

そういえば、

・閉経まで体温を正常値に保てた女性は、生涯健康に過ごせる可能性が高まる

・午前中の体温が低い人は試験に弱い

と聞いたことがあります。

健康維持にも学力アップにも役立つ家づくり、

あなたもいかがですか?^^

では、また。

プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog