[こんなときどうするの?…手すりの後付け]

皆さん、こんにちは。

今日は、「手すりの後付け」についてです。

皆さんのお宅の壁に、家族の手あかが特に目立つ部分はありませんか?

試しに、玄関の段差付近や廊下、階段の手すりが無い方の壁などをチェックしてみてください。

そこは、手すりの代わりとして、手あかが残るほど何度も利用された壁です。

そこに手すりを付ければ、家族はより安全に過ごすことができます。

壁紙の汚れ防止にもなるので、お掃除当番の方も大助かりでしょう。

ただし、手すりには大人の体重を支えられるだけの強度が必要です。

そのためには、壁の内側に隠れている間柱を探し、そこに固定しなくてはなりません。

皆さん自身で設置するのなら、下地センサーなどを利用すれば間柱の位置を正確に探せることでしょう。

専門家と相談しながら進めたい時は、施工業者か専門業者に相談するといいですよ。

では、また。

プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog