[[こんなときどうするの?…「色あせた屋根]

皆さん、こんにちは。
長い梅雨の時期が終わり、夏本番の季節になりましたね。
毎日30℃以上の気温が続き皆さんは、体調管理をお互いに気を付けましょう。

今日は、「色あせた屋根」についてです。

「隣近所の家と比べると、我が家の屋根は色があせているな…」

と思ったことはありませんか?

雨や紫外線を浴び続ける屋根の負担は相当なものです。

色あせは、「これ以上のダメージに耐えるのは難しい」というメッセージです。

色あせた屋根は、防水性が低下しています。

防水性が低下すると、内部まで腐食するリスクが高まるだけでなく、繁殖したコケや藻が水分を蓄えて、よりダメージを受けやすくなります。
皆さんのお宅の屋根は大丈夫ですか?

屋根の寿命は10~15年と言われますが、築後10年以下の屋根でも、材質や環境次第でメンテナンスが必要になる場合があります。

メンテナンスのついでに、色を変えたり断熱性を加えるのも楽しそうです。

まずは、お近くの信頼できる業者に相談してみてくださいね。^^

それではまたをお楽しみに♪
プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog