【 スキップフロアは地震に弱い。けれど… 】

こんにちは、皆さん。

スキップフロアがある住まいは、

その縦方向の広がりが独特の住み心地を生み出します。

ちなみに、スキップフロアとは、

天井や床の高さを変えた構成のことです。

スキップフロアは、壁や廊下を設けなくても

緩やかに間取りを区切ることができます。

そのため、高低差がある土地に利用するだけでなく、

収納スペースや個性的な空間を生み出したい方にも人気なんです。

ところで皆さん、スキップフロアの弱点をご存知ですか?

最大の弱点は、『地震に弱いこと』です。

地震が発生した時、段差の無い床面は床全体が一体となって揺れます。

そのため、地震力は柱や壁などに均等に伝わります。

一方、スキップフロアは床が一体化していないため、

地震の揺れを均等に伝えることができません。

どうしても、特定の壁や柱に力が集中することになります。

それが原因で、建物が破損や倒壊することもあるんです。

皆さん、

・構造計算をして、耐震性を保つために必要な措置をしている

・技術力の高い大工が担当している

・スキップフロアを手掛けた実績がある

といった、信頼できる業者なら安心です。

一方、構造計算の方法すら分からない業者もいます。

方法は分っていても、構造計算せずに施工する業者もいます。

なので、もし皆さんがスキップフロアを採用する予定なら、

業者選びは特に慎重に行ってください。

そのほか、スキップフロアには

・においや音が全体に伝わりやすい

・エアコンが効きにくい

・プライバシーの確保が難しい

といった弱点もあります。

しかし、それらの問題を解決できさえすれば、

とても個性的で開放感のある家づくりができます。

とはいえ、将来、隣室と床の高さが異なる部屋を、

リフォームで繋げて使うのは難しいものです。

仕切り壁が少なく、人の気配を感じやすいつくりなら、

来客の滞在中、ほかの家族は何かと気を使うかもしれません。

家族と生活時間が異なるなら、

物音や照明が大きなストレスになるかもしれません。

皆さん、スキップフロアを取り入れる時は、

現在から将来までイメージしてシミュレーションし、

快適に暮らせるかどうかを確かめてみましょう。

では、また。

プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog