【 家具が多くてもスッキリ見せる方法 】

こんにちは、皆さん。

皆さんは、家具が多い部屋に入った時、ただそれだけで雑然とした印象を受けたことはありませんか?

家具の占有面積は部屋面積の3分の1以内に抑えるのが理想だとか。

とはいえ、その部屋での過ごし方によっては3分の1以上になる場合もありますよね。

そんな時は

・家具の色や高さ、奥行を統一する

・家具の上や横に物を置かない

・収納してあるものが見えないよう、扉やスクリーンで目隠しする

といったことを意識しましょう。

しかし、家具の用途によっては、高さや奥行きを揃えるのは難しいものです。

その場合、遠近法を利用して入り口近くに大きな家具を置き、入り口から遠くなるほど小さな家具を置くという方法もあります。

また、自然と視線が集中する場所にお気に入りの小物を置けば、他の部分から視線を外すこともできます。

その場所をフォーカルポイントいいます。

床の間の花や掛け軸を想像するとわかりやすいでしょうか。

そのために何かを買わなければいけないということはありません。

お子さんが描いた絵、家族の写真、家族が趣味で作った作品などを飾るなど、皆さんならではの空間づくりを考えてみましょう。

そのほか、動線も大切です。

ソファーやテーブルなどの壁沿いに置けない家具を配置する際、移動しやすい動線を確保することも、スッキリした部屋作りに役立ちます。

あなたや家族が最も長く過ごす部屋はダイニングですか?

それともリビングですか?

家族が長時間過ごす場所は、モノが多くて雑然としがちです。

快適な部屋は掃除しやすい部屋でもあります。

皆さん、快適な部屋作りを楽しんでくださいね。

プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog