【 皆さんの意中の業者は、構造計算していますか? 】

こんにちは、皆さん。

皆さんは「構造計算」という言葉を聞いたことはありますか?

構造計算とは、建物本体の重さ・家具や家電など建物に加わる重さ・

積雪の重さ・風圧・地震力などに対し、

その建物がどんな影響を受けるのか、どの程度対応できるのか、

安全性をどれだけ確保できるのか、などを計算するものです。

一般の方は、

「当然、全ての建物に対して構造計算しているだろう」

と思っていることでしょう。

しかし、残念ながら構造計算されていない一戸建てもあるんです。

その理由は、資格を持った建築士が設計する場合、

政令で定める技術的基準に適合することを前提として

・100m2以下

・木造2階建て以下

・延べ床面積500m2以下・高さ13m以下・軒の高さ9m以下

・木造以外で平屋建て以下、かつ延べ床面積200m2以下

の建物については、確認申請の際に

壁量計算書や構造に関する図面等の提出を『省略』できるからです。

これを『四号特例』といいます。

そのため、住宅業者の中には

・構造計算を行わない業者

・簡易的な計算のみ行う業者

・すべての建物に対して構造計算を行う業者

が入り乱れています。

皆さん、安全性を確かめていない新居って怖くありませんか?

例えば、もし入居後にピアノや大量の本などを運び入れたら?

建物の一部分に集中して大きな負荷をかけても大丈夫でしょうか。

強度不足で床がたわむ心配はないでしょうか。

自然災害などのリスクを高める原因にならないでしょうか…。

また、もし吹き抜けやスキップフロアを設けたら、

地震の横揺れを建物に均等に伝えることができませんよね。

当然、地震に弱い建物になります。

しかし、しっかりとした構造計画のもとに設計を行えば、

最高等級である耐震等級3を取得することはできます。

皆さんの意中の業者は、構造計算を行っていますか?

もし行わない業者なら、それを納得した上で話を進めていますか?

耐震性を弱める間取りや重い家具などの不安要素はありませんか?

先輩施主の中には、構造計算するなら数十万円の費用が発生すると聞き、

迷った末に計算しないまま話を進めた事例があります。

逆に、

「それで安全性を確かめられるなら」

と、予算配分を調整して計算を依頼した事例もあります。

どちらを選ぶにしても、責任を持って決断したいものです。

では、また。

プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog