[こんなときどうするの?…雨どいの塗装]

皆さん、こんにちは。

今日は、「雨どいの塗装」についてです。

皆さんは、外壁塗装を依頼したことがありますか?

築後10年前後になると、コーキングの劣化や色あせが目立ちます。

それらを補修し、外壁の防水性と美観を保つには、早めの塗装が必要です。

皆さん、塗装後の外壁が美しいほど雨どいの色あせは目立ちます。

しかし、外壁と同じタイミングで雨どいも塗装すれば、そんな違和感を与えずにすみます。

もし雨どいに破損や詰まりがあるなら、足場費用の節約も兼ねて、交換や掃除も依頼しておきましょう。

ただし、塗装業者によっては、そこまで対応していないかもしれません。

施工業者以外に依頼する時は、事前に確認してくださいね。

プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog