「 家電の消費電力を比較したい時はココをチェック 」

 ■皆さん、こんにちは。

  あなたは、

  「新築と同時に家電を全て買い替えたい」

  と思ったことはありませんか?

  でも、総額を計算すると躊躇してしまいますよね。

  「よし、それなら電気代が高い家電を優先的に買い替えよう!」

  と思っても、肝心の計算方法がわからない…。

  今日は、そんな時に役立つサイトを紹介します。

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

     _    ⊂⌒⊃
    /  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      
┃ 「 家電の消費電力を比較したい時はココをチェック 」 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

  ■しんきゅうさん

  『しんきゅうさん』では、

  温室効果ガスの排出量を減らす方法の一つとして、

  省エネ製品への買い替えを提案しています。

  消費電力の比較だけでなく、省エネ製品の選び方や

  使い方のコツなども紹介しています。
         ↓↓
  https://ondankataisaku.env.go.jp/shinkyusan/

  ■省エネ性能カタログ電子版

  資源エネルギー庁「省エネ型製品情報サイト」に登録された

  エアコン、冷蔵庫、照明など、全16種類の家電製品の

  消費電力量や電気代、省エネ基準達成率などの情報を、

  区分ごとに掲載しています。

  毎日更新しているので、常に最新情報をチェックできます。

  データはリアルタイムで入れ替わりますが、

  過去の情報も1か月単位でチェックできます。
         ↓↓
  https://seihinjyoho.go.jp/catalog/

  ■水道代の節約にも

  1970年頃のトイレの洗浄水量は13リットルでした。

  2006年には6リットルが主流となり、

  節水性能が進化した現在は、『大3.8/小3.0』といった

  製品も登場しています。

  皆さん、新居のトイレを選ぶ時は、

  消費電力だけでなく水量も比較してみませんか?

  水量は、各メーカーのホームページ等に記載されています。

  ■お店で簡単チェック

  店頭で買い替えたい製品を見つけたら、

 「カメラ de しんきゅうさん」アプリで

  統一省エネルギーラベルの型番を撮影しましょう。

  それだけで、10年前の製品との電気代やCO2削減効果が

  比較できます。

  また、予め自宅で使用している製品をアプリに登録しておけば、

  店頭で自宅の製品との比較もできます。

  ただし、許可なく撮影すればトラブルを招くこともあります。

  撮影の際は、店員さんに目的を話して

  必ず許可を得るようにしましょう。

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

  ■優先順位は人それぞれ

  電気代、本体価格、デザイン、口コミなど、

  購入の決め手となるものは人それぞれです。

  皆さんなら何を優先しますか?

  それは家族と同じでしょうか。

  優先順位は人それぞれなので、場合によっては

  意見が対立することがあるかもしれません。

  家族それぞれが強いこだわりを持っているのなら、

  早い段階から意見交換をしておいた方が良さそうですね。^^

  それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~
プレゼンテーション1 [自動保存済み]

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog