「 その商圏に対する価値観は? 」 

■皆さん、こんにちは。

先日、知人がリフォームの訪問営業を受けました。

名刺に記された住所は、知人宅から車で2時間弱の場所です。

「気軽に相談に行ける距離ではないのでお断りします」

と名刺を見た瞬間に断ろうとする知人。

「私共が伺うので御足労頂く必要はありませんから、話だけでも」

と粘る営業マン。

結局、商圏に対する価値観の相違を理由に断ったので、

リフォームの提案まで話が進まなかったそうです。

皆さん、こんな断り方もあるんですね。^^;

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

     _    ⊂⌒⊃
  /  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      
┃ 「 その商圏に対する価値観は? 」 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■商圏とは

ウィキペディアの解説を引用すると、商圏(しょうけん)とは、

『ある商業施設や小売店、商店街などを

日常的に利用する消費者が生活している地理的な範囲』を指します。

商圏の広さは、対象エリアの人口構成や業種、

ライバル業者の有無などによって異なります。

■遠いと、お互いに大変

例えば、皆さんが打ち合わせのために工務店を訪れる時。

片道2時間だと移動だけでも疲れませんか?

打ち合わせが1時間だとしても、拘束時間は5時間。

せっかくの休日が、それだけで終わってしまいます。

交通費も増えるし、子どもの世話も大変です。

無事に契約を交わしても、その後は業者が大変です。

作業時間確保のため、早めに出発して遅くに帰社。

引き渡し後のメンテナンスも、

移動時間を考慮したスケジュール調整が欠かせません。

■皆さんが望む商圏は?

地域密着をモットーにする業者は、

『半径〇km』『隣接する市町村まで』などのように、

商圏を明確に線引きしています。

地元が商圏なので対応も早く、出張料も近い分だけ割安になります。

一方、一般的なハウスメーカーの商圏は、

地域密着型の業者より広く設定される場合が多いようです。

その上、施工中や引き渡し後に、

「統廃合のため、遠方の支店に担当が変わります。」

と、一方的に告げられることもあります。

業者によっては、その分だけ出張料が増えるかもしれません。

移動時間も増えるので、迅速な対応は難しくなります。

さて、意中の業者の商圏は、

皆さんの家づくりにどんな影響を与えそうですか?

あなたが望む対応をもとに、それぞれの商圏を調べてみましょう。

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

■距離感

地域密着で商圏が狭い業者だと、

お互いの生活圏が重なることが多いので、

その分、現場や人となりを知る機会が増えます。

無口でちょっと怖そうな業者だと思いきや、

PTA活動に積極的で黙々と作業していたり…。

「私の知り合いがあの工務店で建てたのよ~」

とOBさんとのつながりができたり…。

その距離間をどう感じるかは人それぞれですが、

皆さんはどうですか?

それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog