【 明るさは欲しいけど視線は遮りたい。そんな時は…。 】

こんにちは、皆さん。

あなたの現在の住まいには、どんな窓がありますか?

よく用いられるのは、

・ベランダや外に出るための掃き出し窓

・採光や換気のための腰高窓

の2種類ですよね。

じつは、これらの窓には、ガラス面の大きさが災いして

・壁の面積が減るので、家具を置ける場所が限られてしまう

・外からの視線が気になる

・防音性や断熱性を低める

といったデメリットがあります。

もし、皆さんの新居と隣家の距離が近いなら…。

もし、新築予定地が交通量の多い道路沿いなら…。

これらの窓は、大きなストレスの原因になるかもしれません。

それを防ぐのに、よい方法があります。

それは、周囲の状況に合わせて、窓の高さや大きさを変えることです。

例えば、一般的な腰高窓は床から80~100cmほど上に設けます。

それを、あと10cm高い位置に設置すれば、

家具を置けるスペースが増えます。

また、上の位置をそのままにしてガラス面の高さを減らせば、

外からの視線を気にせずに採光ができます。

160cm前後の方なら、

今まで通り脚立無しで窓掃除もできることでしょう。

ひと世代前と比べると、最近は窓の大きさの種類が随分増えました。

ですから、間取りや暮らし方に合う最適な窓はきっと見つかることでしょう。

ただし、一つだけ気を付けてほしいことがあります。

それは、窓の高さです。

高窓や天窓を設けると、視線を気にせず採光や景色を楽しめます。

しかし、高窓の掃除には脚立が欠かせません。

若いうちは気にならないかもしれませんが、

高齢になっても問題無く掃除できるでしょうか。

また、日当たりの良い方角に断熱性が低い天窓を設けると、

直射日光が室温を上げることがあります。

脚立でも届かない高さだと、掃除の度に業者を手配しなければなりません。

ですから、高さを決めるときは、

入居後の掃除やメンテナンスにもぜひ配慮してください。

ところで皆さん、

図面を見ても、窓の高さや大きさってピンと来ませんよね。

そんな時は、窓の大きさに合わせた段ボール紙を用意しましょう。

それを今の住まいの窓に張り付ければ、

採光や使い勝手が想像しやすくなります。

・今の腰高窓の下部分を隠すと、視線や採光はどうなる?

・その採光量と、

 横を隠してガラス面の幅を狭くした採光量ではどれくらい違う?

・じゃあ、上を隠して低い窓を想定すると?

などなど、時間や天気を変えて遊んで…いえ、研究してみましょう。

外からの視線が気になるかもしれませんが、

イメージを掴むのに、結構役立つんですよ。

では、また。
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog