[こんなときどうするの?…トイレのレバーが正しく動かないとき]

皆さん、こんにちは。

今日は、「トイレのレバーが正しく動かないとき」についてです。

レバーのサビや腐食が進むと、回転不良により水が止まらなくなることがあります。

そんな症状が現れたら、すぐに止水栓を閉めて水の流れを止めましょう。

次に、トイレタンクのフタを開け、レバーの心棒部分のサビや水垢を落とし潤滑油を塗りましょう。

部品の耐用年数は10年前後が目安ですが、トイレ本体が廃盤になってから一定の年数が経つと部品の製造も終了するので入手が困難になります。

皆さん、現在お使いのトイレ本体が廃盤になっており、レバーに劣化などの症状が見られるのなら、今のうちに部品を購入するか、数年後のリフォームに向けて準備を始めてみませんか?

それでは来週をお楽しみに♪
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog