『こんなときどうするの?…押し入れリフォームの注意点』

皆さん、こんにちは。

今日は、「押し入れリフォームの注意点」についてです。

断捨離や子どもの独立などにより押し入れが不要になったとき、部屋の一部として使えるようにリフォームする方法があります。

中段を撤去し、押し入れの中を部屋の壁と同じ色合いで仕上げれば、部屋と同一化するので違和感なく使えます。

敢えて色合いを変え、書斎やベッドルーム、キッズスペースなどに活用する方もいます。

ただし、押し入れの床は歩くことを想定して作られていません。

そのため、室内の床より強度が劣ることがあります。

補強工事の必要性によって工事費が変わるので注意しましょう。
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog