『子どもの歯磨き中の事故を防ぐために』

■皆さん、こんにちは。

自宅での事故は高齢になるほどリスクが高まるといわれますが、

5歳未満の乳幼児にとっても自宅は安全とはいえない場所です。

とはいえ、ベランダや階段からの転落は予想しやすいので

ベビーゲートなどの対策ができます。

しかし、時には思いもよらない事故も発生します。

その一つが、歯磨き中の喉つき事故です。

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

     _    ⊂⌒⊃
  /  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      
┃ 「 子どもの歯磨き中の事故を防ぐために 」 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■喉つき事故の件数

平成28年4月から令和3年3月末までに、

6歳以下の事故情報が120件報告されています。

そのうち、104件が3歳以下の事故です。

治療の必要性と処置見込みは、

・治療を必要としない・・・17%(20件)

・即日治療完了・・・・・・18%(22件)

・通院が必要・・・・・・・41%(49件)

・入院が必要・・・・・・・22%(27件)

となっています。

年齢別では、1~2歳の事故が最も多く見られます。

■事故の事例

・歯ブラシをくわえたまま、大人用ベッドの上で飛び跳ねていた。

保護者が気付くと、口の中に歯ブラシがあるまま四つんばいで泣いていた。

歯ブラシはすぐに取れたが、転倒した際に咽頭部に刺さったと考えられる。

咽頭粘膜の下に空気がたまっていたため8日間入院。

・歯ブラシをくわえてソファに座っていたが、

前のめりに転落し歯ブラシが刺さった。

親が抜去し歯科医院へ行ったが、その後発熱と首に腫れがあり入院。

・洗面所で歯磨きをして、仕上げ磨きのために保護者がいるリビングに向かう際、

歯ブラシをくわえた状態で転倒したため10日間入院。

・座って歯磨きをしている時に、上の子が背後から覆いかぶさった。

歯ブラシが咽頭に刺さり出血したため11日間入院。

■事故防止のために

・歯磨きは床に座らせて行い、磨き終えるまで人やモノと接触しないよう、

保護者がそばで見守る

・ソファーや椅子、ベッドや踏み台などの不安定な場所で歯磨きさせない

・歯ブラシを口に入れたまま、歩いたり走ったりさせない

・子どもには喉つき防止対策を施した歯ブラシを持たせ、

保護者が仕上げ磨きする歯ブラシと使い分ける

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

■保護者の見守りは期間限定です。

歯磨きが苦手で、歯ブラシを見せるだけで泣いたり、

なかなか口を開けないお子さんの対応に

疲れ果てているお母さんって多いですよね。

スタッフも、子どもの幼稚園時代は

先生や保護者達と苦労を分かち合っていたとか。

ただでさえ歯磨きが嫌いな子どもが

喉つき事故を経験してしまったら、

毎日の歯磨きが大きなストレスになりそうで心配です。

皆さん、歯磨きを終えるまで付きっきりというのは、

忙しい親御さんにとっては本当に大変なことですよね。

しかし、期間限定の貴重な時間と割り切ると、

案外楽しめるものです。(経験談^^;)

それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog