『造作家具での失敗を防ぐために』

こんにちは、皆さん。
毎日はっきりしない天気が続いてますね。
体調の方は、いかがですか??

今日は、造作家具についてです。

造作家具とは、それぞれの部屋に合わせて作られた家具のことです。

作り付け家具とかオーダーメイド家具ともいいます。

造作家具は、現場で大工さんが作ることもあれば、

ある程度仕上がったものを搬入し、現場で仕上げることもあります。

メリットとして、

・部屋に統一感を与える

・デッドスペースを有効利用できる

・サイズや素材、仕様などの細かい要望を実現できる

・地震の際、家具の転倒を心配せずにすむ

などが挙げられます。

一方、

・気軽に配置を変えられない

・既製品より割高

・サイズや素材などを細かく指示しなければならない

・撤去後は、クロスの補修や貼り替えが必要

といったデメリットもあります。

ですから、家族の成長に合わせて家具のサイズや配置を変えたい方は、

どこまで採用するか慎重に検討した方が良いでしょう。

ちなみに、先輩施主の失敗談や後悔には、

「奥行や高さが使い方に合っていなかったので不便」

「素敵な家具を見つけても、撤去費用を思うと買い替えできない」

「凝ったデザインにしたところ、壊れやすく補修費用もかさむ」

「棚板の高さを調整できないので、収納できるサイズが限られる」

「水回りなのに耐水性が無い素材を使ったので、劣化が早い」

「テレビを置くのに、ケーブル穴やコンセントをつけ忘れて困った」

など、数多くの事例があります。

そんな失敗を防ぐため、造作家具を作るときは、

どこで何をどう使いたいのかをできるだけ詳細に想像して、

そのイメージを業者と共有しながら図面に起こしていきましょう。

では、また。
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog