『要望を忠実に形にする業者も悪くは無いのですが、せっかくなら…。』

こんにちは、皆さん。

あるスタッフには、お気に入りの花屋さんがあるとか。

相手の性別、年代、好みの色、贈るシチュエーション等々、花屋の奥さんに問われるままに話すだけで、毎回素敵な花束に仕上げてくれるそうです。

そのスタッフは、他の花屋も利用したことがあります。

その時の対応は、いずれも

「予算は?どんな感じに仕上げますか?」

と、スタッフの要望を形にするだけだったそうです。

皆さん、確かに『お客様の要望を忠実に叶える』という店側の姿勢は悪くはないでしょう。

しかし、素人の要望を形にするだけの花屋より、その要望に専門家としての知識や技術を足して、相手の期待以上の花束に仕上げる花屋の方に、プロとしての魅力を感じませんか?

じつは、家づくりにおいても同じことが言えます。

家づくりについて熱心に学んだ方の中には、

「こんな家を建てたいんです」

と、パソコンで描いた間取りや資料等を用意している方がいます。

最初の段階でそれだけの準備をするのですから、家づくりに対する思いの強さは相当なものです。

しかし、そこにプロの経験やアイデアを足せば、

・使い勝手や快適性が増す

・無駄を省いてコストダウンができる

など、さらに満足度の高い家づくりが期待できます。

ただ、そのために、

・家族の性格や生活スタイル

・新居でどんな暮らしをしたいか

・絶対に譲れない条件は何か

など、沢山の質問を投げかけられることもあるでしょう。

答えたくない質問もあるかもしれません。

場合によっては、思わぬ提案をされることがあるかもしれません。

そんな時は、それがあなたの要望を理解し、より良いものにするための提案なのか、それとも、業者の家づくりを優先するためなの提案なのかを見極めましょう。

そして、より良いものにするためだと感じたら、積極的に耳を傾けてみましょう。

皆さん、勉強熱心なのは素晴らしいことですが、打ち合わせの前に完成させておく必要はありません。

イメージを伝えるための切り抜きを集めたり、新居に望むことを箇条書きにすれば大丈夫です。

それをもとにどんな提案ができるかは、業者の能力次第です。

要望を形にするだけの業者は、あなたの予想通りの提案をすることでしょう。

しかし、プロとしての能力を活かせる業者なら、さらに満足度の高い提案が期待できます。

皆さんは、どちらの家づくりに魅力を感じますか?
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog