『主な地形と自然災害のリスク』

皆さん、こんにちは。

日本の地形は、成り立ちや性質などにより分類されています。

地形分類によって自然災害の発生リスクが異なるため、

地形と自然災害の関係を知っておくのは大切なことです。

そこで今日は、主な地形と自然災害のリスクについてお話しします。

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

     _    ⊂⌒⊃
  /  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃                      
┃ 「 主な地形と自然災害のリスク 」 
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■低地

河川の堆積作用などにより形成された平坦な土地です。

氾濫平野や三角州などの細かな分類があります。

中心部の高い土地が無い場所に崖崩れの心配はありませんが、

洪水や内水(排水能力を超えた水が側溝や下水道などから溢れること)、

地盤沈下や液状化のリスクがあります。

沿岸部は高潮も心配です。

■台地・段丘

周囲に比べて盛り上がっている平坦な土地のことです。

周囲が浸食により削られて取り残されてできます。

地盤は比較的安定しており、

中央部の平坦な土地は水害リスクが少ないのが特徴です。

ただし、縁辺部に近づくほど崖崩れのリスクは高まります。

■山地

尾根や谷からなる土地や、比較的斜面の急な土地のことです。

崖崩れ、土石流、地滑りなど土砂災害のリスクがあります。

■埋め立て地
 

川や海、沼などの水部に土砂などを投入し、

人工的に陸地にした土地のことです。

海に近い場所は、津波、高潮、液状化、

山地に近い場所は液状化や地盤崩壊などのリスクがあります。

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

■換気による温度変化に注意

ところで皆さんは、窓を開けて換気する時、

室温をチェックしていますか?

小まめな温度管理で体調管理をしましょう。

それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog