『電気の引き込み線によるトラブルを防ぐために』

こんにちは、皆さん。

今日は、電気の引き込み線についてです。

引き込み線とは、近くの電柱と建物をつなぐ配線のことです。

日本では架線による送電が一般的ですが、

・法律や条令等により、架空引込線が認められていない場合

・電線類地中化協議会において選定された地中化計画区域

 (要請者負担で合意された地域を除く)の場合

・技術上、経済上及び地域的な事情などの理由から

 架空引込線が不適当と認められる場合

においては地中引き込み線(埋設線)にて送電します。

ところで皆さんは、架線に関するトラブルをご存知ですか?

よく耳にするのが、

・引き込み線が隣家の敷地の上を通っている

・引き込み線の取り付け点が図面と異なる

といったトラブルです。

皆さん、引き込み線に対する管理責任は

施主にあると思いがちですが、それは誤りです。

電柱から引き込み線取り付け点までは電力会社の財産で、

引き込み線取り付け点から建物側の配線が施主の管理下に置かれます。

(この境目を分界点といいます。)

ですから、隣家とのトラブルは、

本来なら施工業者や配線した電気業者、電力会社などが対応すべきものです。

にも拘らず、

「施主が納得した上で引き渡したから問題ない」

と責任逃れする業者もいるようです。

そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、

引き込み線を電柱からどのように設置するのか、必ず図面などで確認しましょう。

なお、引き込み線の位置が図面と異なっていたり、

業者任せで未確認だったためにやり直した事例もあります。

また、設置場所が悪くてインターネット回線を希望通りの場所に設置できなかった、

という事例もあるので、もし皆さんが不安なら、

引き込み線の取り付け点の工事の際は立ち会うことも検討しましょう。

皆さん、このような架線に関するトラブルを見ると、

「地中引き込み線にした方が安心なのでは?」

と思うかもしれませんが、電力会社によると、

架空引込線の施設が可能なエリアで施主が地中引込線を希望する場合、

・地中引込線の所有権は施主なので、施主負担で施設する

・地中引込線工事と架空引込線工事との差額を施主負担とする

といった対応になるとか。

ただし、事前調査で地中に引き込めないと判明した場合は架線になります。

必ずしも希望に添えるわけではないので注意しましょう。

では、また。
プレゼンテーション1

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog