「 住まいの暑さ対策で熱中症を防ごう 」 

今年の夏の気温は、北日本は平年並み。

東日本は平年並みか平年より高め。

西日本は平年より高い見込みです。

となると、用心したいのが熱中症。

あなたはどんな対策をしていますか?

+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+—–+

_    ⊂⌒⊃
/  \
┏・__| ロロ|__・━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┃ 「 住まいの暑さ対策で熱中症を防ごう 」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 。・☆

■昨年の状況

厚生労働省のまとめによると、

昨年7月1日から8月31日の間、

熱中症で入院した患者は969人です。

発症時間は、

・日中・・・83.6%

・夜間・・・16.1%

発生場所は、

・屋内・・・49.1%

・屋外(日なた)・・・45.7%

・屋外(日陰)・・・3.4%

年齢別では

・0~10歳・・・10人

・11~21歳・・・82人

・21~30歳・・・34人

・31歳~40歳・・・51人

・41歳~50歳・・・61人

・51歳~60歳・・・93人

・61歳~70歳・・・137人

・71歳~80歳・・・220人

・81歳~90歳・・・241人

・91歳以上・・・35人

・不詳・・・5人

となっています。

■住まいの暑さ対策を

高齢の熱中症患者が多いのは

・のどの渇きを感じにくいので水分不足になりやすい

・断熱改修したくても予算がない

・節電のため、冷房を使わず我慢する

といったことが原因です。

屋根や外壁に遮熱効果のある塗料や材料を使えば

ある程度は室温の上昇を防げるのですが、

年金以外の収入が無い方には、なかなか難しいものです。

住まいの断熱性は、年々向上しています。

また、すだれや打ち水など、

昔ながらの対策もあります。

あなたが高齢になっても安心して暮らせるよう、

予算に応じた最善の方法を取り入れたいですね。

+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-+—-

【編集後記】

■夜、熱中症にならないために

前述のとおり、夜間に発症した方は約16%。

予防するには、

・寝る前に水分を摂る

・扇風機やエアコンで適温を保つ

・熱がこもらないよう、通気性の良い衣服を着用する

といった対策が効果的です。

梅雨が終われば本格的な暑さが訪れます。

家族で対策を話し合うのはもちろん、

各種見学会に参加する際は、その業者が

どんな暑さ対策をしているのか、

しっかりチェックしたいですね。

それでは次回をお楽しみに!!  (^0^)//~~

無料メールセミナー
FPの家

穂高建設は「FPの家」施工店です。

Casa de olive
穂高建設 Staff Blog